アスリートの栄養学

すべての向上心ある人のために

「レモン生活」のすすめ。1日1個レモンを食べよう。

f:id:keitaf31:20180715221855j:image

 

疲れを解消する果実として有名なレモン。

クエン酸が多く含まれることはよく知られていますね。

 

私たち人間の身体の細胞には、クエン酸回路と呼ばれるエネルギーを作り出すための代謝経路があります。

 
www.athlete-health.top

 

このクエン酸回路によって、食事から取った栄養素をエネルギーに変えるのですが、レモンに含まれるクエン酸にはこの回路を円滑に働かせる作用があります。

つまり、クエン酸によってエネルギーが順調に作り出されれば、疲労が緩和され、逆にクエン酸回路の働きが低下することでエネルギー不足となり、疲れやすくなるのです。

 

 レモンの栄養価・効果効能など

f:id:keitaf31:20180716210844j:plain

 

レモンが他の果物に比較して優れている点は、なんといってもクエン酸の含有量です。

 

みかんやネーブルなどは1個あたりにつき、平均して1%程度しかクエン酸は含まれていないのに対し、レモンには約6%のクエン酸が含まれています。これは疲労回復に十分効き目のある含有量です。

 

 

 

他にもレモンには、さまざまな嬉しい効能もありますね。

 

1日1個のレモンを続けてみる「レモン生活」

f:id:keitaf31:20180716211853j:plain

 

ある研究機関が広島県のレモン生産農家の中年女性107人を対象に行った実験調査によると、5か月間、毎日平均してレモン半分を摂取してもらったところ、優位に疲労度が改善していることが判明しました。

他にも、クエン酸を含んだ食品を使って、いくつか実験を行いましたが、やはりレモンの摂取量が多ければ多いほど、疲労度、抑うつ度、睡眠の質などに対する改善効果が得られることが証明されたのです。

(※参考:東洋医学で毎日スッキリ! 疲れない体をつくる本: 70の新習慣 (知的生きかた文庫)

 

疲労の予防と回復に役立つレモンを食事に取り入れよう

 

レモンは、そのまま絞って炭酸水で割ったり、フライやサラダ、おひたしにっ絞ってかけたりと、料理に使いやすいのも魅力です。

 

調理法に困ることはありません。

あなたも疲労の予防と回復に役立つレモンを食事に加えてみませんか。

 

クエン酸は、レモン以外にも梅干しや黒酢にも多く含まれています。

 

・レモンなら半個~1個
・梅干しなら2個ほど
・黒酢は大さじスプーン1杯ほど

 

を目安に1日に摂取することを推奨します。

 

これらに加えて、以前にも紹介した「イミダゾールペプチド」を加えると、さらに疲労回復効果が高まります。

 

www.athlete-health.top