アスリートの栄養学

すべての向上心ある人のために

筋トレビジネスエリートがやっている「最強の食べ方」。筋トレがやっぱりすごい理由。

f:id:keitaf31:20180628145250j:image

 

人間は生きているだけでエネルギーを消費しています。呼吸をしたり、体温を維持したり、生きているだけで使われているエネルギーを「基礎代謝」と呼びます。

 

この基礎代謝は、身体を絞るために重要な働きをしています。基礎代謝が高いほど、身体はやせやすいのです。

 

筋トレがやっぱりすごい理由

 

改めて、筋トレの効果を見直してほしい。

身体づくりに大きく影響する「基礎代謝」をあげるのには、やはり筋トレが効果的なのです。

 

筋トレは、終わった後もカロリーを消費する

 

筋トレがすごいのは、筋トレ後にもカロリーを消費してくれるという点です。

 

運動には、強度があり、筋トレは、強度の高い運動となります。
比べて、有酸素運動は強度が弱い運動です。

 

筋トレのように高強度の運動では、運動終了後にもエネルギーを消費しているのです。これを「EPOC(運動後過剰酸素消費量)」といい、ランニングやウォーキングなどの低強度の有酸素運動だと、この効果はあまり得られません。

 

筋トレによって分泌される成長ホルモンは、脂肪の分解を促進する


さらに、筋トレによって分泌される成長ホルモンには、脂肪を分解する働きがあります。

また、筋トレによって体に筋肉がつくと、普段の生活で使うエネルギーである「活動代謝」も増えるのです。

 

筋トレによってやる気アップの効果も


基礎代謝が上がることに加えて、筋トレをすると、テストステロンやエンドルフィン、アドレナリンなども分泌してくれます。

 

つまり、やる気アップやリラックス効果もあるということです。

 

※参考書籍「筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方」

 

筋トレをしている人がイキイキとしているのには、しっかりと科学的理由があるのです。

 

※筋トレが最強のソリューションである

 

 

 あわせてこちらも、筋トレによる体の変化だけでなく、メンタル面でのプラス変化を体感でき、モチベーションの上がる一冊です。