アスリートの栄養学

すべての向上心ある人のために

野菜ばかり食べている人ほど太りやすい。


スポンサーリンク

f:id:keitaf31:20171125190310j:plain

 

野菜は健康にいいからと、肉や魚などのたんぱく質を取らずに、野菜しか食べない人がいます。

なかには、ダイエットのためにフルーツのみ、サラダや温野菜のみの食事をつづける人もいます。

しかし、「~だけ」食べるという方法で健康になったり、アスリートの身体づくりに役立ったりすることはまずありません。

 

たんぱく質抜きでは、基礎代謝の低い体になってしまう。

 

野菜ばかり食べる人が「太りやすい」体質になってしまうのは、野菜にはたんぱく質がほとんど含まれていないからです。

 

アスリートに限らず、「たんぱく質」は私たちの体に欠かせない栄養素です。

決して、成長期や筋肉をつけたい人にだけ必要なものではありません。

「痩せたい」人にも必須の栄養素です。

 

たんぱく質が不足すると、筋肉量が減少します。

筋肉量が減るということは、基礎代謝が落ちて、脂肪が燃えにくくなる。

つまり、太りやすく痩せにくい体質になってしまうのです。

 

野菜だけ食べていても健康的に痩せられないのは、このような理由からです。

 

▼関連記事

 

www.athlete-health.top

 

www.athlete-health.top