アスリートの栄養学

すべての向上心ある人のために

緊張したときにやるべきこと、本番に強い脳をつくる


スポンサーリンク

f:id:keitaf31:20170307141214j:image

 

本番に臨むとき、緊張することは誰にでもあります。緊張していては、結果を出すことはできない。

 

しかし、「緊張しないようにしよう、緊張しないようにしよう」と思えば思うほど、余計に緊張してしまうものです。「緊張しないように」と思うほど悪循環に陥ってしまいます。

 

問題は、緊張したあとの態度、行動である。

 

緊張するのは仕方ないことです。

しかし、緊張するのは悪いことではありません。

 

問題は、緊張したときの、そのあとの態度、行動です。

 

緊張したときに、いかに早く緊張を和らげて落ち着くことができるか。それが、そのあとのパフォーマンスを大きく左右します。

 

本番に強い人は、いち早く緊張から解放され、落ち着くことができます。

 

「緊張している」と自覚すること。

 

 本番に強いのは、緊張しない人ではありません。緊張しない人などいないのです。

 

どうすれば緊張から解放されるかは、人それぞれです。深呼吸して落ち着く人もいれば、顔をパンパン叩いて気分がほぐれる人もいます。それには、自分にあった方法を見つけるしかありません。

 

大事なのは、「自分が緊張している」と自覚できていることです。

 

緊張している自分に対して、

「お、また緊張してるな」というくらいに笑ってやれる余裕があれば、緊張してもパフォーマンスを落とすことなくプレーできるでしょう。

 

関連記事・書籍はこちら

 

※関連書籍 

 

※脳を強くする栄養素

www.athlete-health.top