アスリートの栄養学

すべての向上心ある人のために

【保存版】アスリートとして成長するための77の習慣。


スポンサーリンク

f:id:keitaf31:20171009201019j:image

 

アスリートとして、人として、成長するための習慣を「77のリスト」として挙げました。

これからの練習や本番、日常生活の中で意識してみてはいかがでしょうか。

 

アスリートが頭に入れておくべき77のこと。

 

  1.  特別な練習よりも、日常の経験の積み重ねが重要である。
  2. 人の話はよく聞いて、いいものはすぐに取り入れる。
  3. 絶対に否定から入らずに、まずは素直に試してみる。
  4. 「ありがとう」の意識を忘れない。
  5. 食を大切にする。
  6. 外側を変えていけば、内側も自然と変わってくる。
  7. 内側を変えていけば、外側も自然と変わってくる。
  8. オンとオフの切り替えをしっかりとする。
  9. 自慢をしない。
  10. 自分より優れた人に対して妬まない。
  11. 「適度な運動」は、「質の良い眠り」を誘う。
  12. 多角的に自分の現状を意識する。
  13. 常に自分が輝ける場所を探す。
  14. 人や環境のせいにせず、自分に責任を持つ。
  15. 慣れ合いの付き合いはやめる。
  16. 自分の心と体を磨くために時間を使う。
  17. 栄養についての基礎知識を学ぶ。
  18. 疲れがたまったときほど、早起きし、好きなことに時間を使う。
  19. 自分の最後を意識し、身の回りを整えておく。
  20. 自分は無知であると自覚する。
  21. 見栄を張らずに、知ったかぶりをしない。
  22. 感動できるものをできるだけ日常の日々に取り入れる。
  23. 心から楽しむ。
  24. 就寝前と起床後に、コップ一杯の水を飲む。
  25. サバやイワシなどの青魚を食べる。
  26. エナジードリンクにはできるだけ頼らない。
  27. タンパク質は、魚・肉・豆腐・納豆などバランスよくとる。
  28. 柑橘類、酢、梅干しなどすっぱいものを積極的にとる。
  29. ファーストフードは避け、ゆっくりと食事する。
  30. よく噛んで食べる。
  31. 休日は適度に運動し、リフレッシュする。
  32. 失敗を恐れない。
  33. 結果が出ないときの過ごし方を見つける。
  34. 偉人の伝記を読む。
  35. 欠点や苦手はオープンにする。
  36. 自分のスタイルを身に着ける。
  37. 空気を読まない。
  38. 手を抜かず、負荷を与え続ける。
  39. 世間体を気にしない。
  40. 楽観的になる。
  41. 本番中は、根拠のない自信を持つ。
  42. コントロールできることに集中する。
  43. 諦めない。
  44. 最初から全力投球する。
  45. 練習・トレーニングを怠らない。
  46. 新しいことには積極的にチャレンジする。
  47. 好きなことにのめりこむ。
  48. 身体のケアを怠らず、ストレッチ・クールダウンを甘く見ない。
  49. 常識を疑う。
  50. すぐやる。
  51. うまくいくイメージを常にする。
  52. 過去の自分を捨てる。
  53. 脳の機能について学ぶ。
  54. 憧れの人ならどうするか考える。
  55. 「今、ここ」を楽しむ。
  56. 目標を定期的に確認する。
  57. 笑顔を忘れない。
  58. 偶然を楽しむ。
  59. 緊張した時の、自分なりの対処法を心得る。
  60. ストレスを書き出すことで、ストレスを消化する。
  61. プレッシャーと向き合う。
  62. 明日ではなく、まず今日1日をしっかりと生きる。
  63. やらなかった後悔と、やってしまった後悔のどちらがいいか考える。
  64. 人との比較ではなく、自分と戦う。
  65. 目標を書き出す。
  66. 小さなチャレンジを日々積み重ねる。
  67. 深くゆっくりとした呼吸を心がける。
  68. 自分の長所と短所を書き出してみる。
  69. 不平不満を言わない。
  70. 手書きで日記をつけることで自律神経を整える。
  71. 自分の感情をコントロールする。
  72. 有言実行する。
  73. 身の回りの整理整頓・掃除をしっかりとする。
  74. 常に好奇心を忘れない。
  75. 人の何倍も行動し、時間を無駄にしない。
  76. 人のやらないことをやる。
  77. 「なぜやるのか」と向き合う。

【Twitterまとめ】本番に強くなる習慣