アスリートの栄養学

すべての向上心ある人のために

「朝の笑顔」で、人生が変わる。


スポンサーリンク

f:id:keitaf31:20170104093936j:plain

 

毎朝、顔を洗う時に鏡に向かって笑顔をつくる。

というのは、芸能人の方々などが自然に笑顔をつくるために行われているトレーニングです。

これは、トレーニングとしてだけではなく、一日を気持ちよくスタートし、人生を好転させるためにも、非常に効果的な習慣だと言われます。

 

「朝の笑顔」でドーパミンが分泌される。

 

実践し、取り組んで切る方々がみな口をそろえて「毎日やっていると、鏡の自分に微笑むだけで、なんだかいい気分になってくる」といいます。

 

これには理由があり、朝笑顔をつくるだけで幸せホルモンの「ドーパミンが分泌される」ことが研究によりわかっています。

 

鏡に向かって微笑みかけるという行動は、自分が笑顔をつくると同時に、鏡の中の自分が微笑みかけてくれるということになります。自分が微笑み、相手も微笑んでくれる。そこから満足の感情が生まれ、ドーパミンが分泌されるのです。

 

この習慣を作る際に、大切なのは「心から楽しんで行うこと」です。

ときには、気が乗らないこともあるかもしれません。少し恥ずかしく、ばかばかしく感じる方もいるかもしれません。

しかし、そんなときでも、一度、心から笑顔をつくるよう努めてみてください。

 

楽しいから笑顔になるのではなく、笑顔になるから楽しい。

 

人間の脳というのは、面白いもので、もちろん楽しいときに笑顔になるのですが、楽しくなくても笑顔をつくることで幸せホルモンは分泌されるのです。

 

さらに、笑顔でいることで、楽しいことを見つける能力も高まります。

 

朝、微笑みながら「今日もがんばろう」「今日は○○しよう」など、前向きな言葉を自分にかけることで、その1日が大きく変わります。

 

小さなことかもしれませんが、習慣化すれば、人生が変わっていくといっても過言ではありません。


新年の新しい習慣として、取り入れてみてはいかがでしょうか。