アスリートの栄養学

すべての向上心ある人のために

身体を温めることで得られる「ヒートショックプロテイン」とは?


スポンサーリンク

ヒートショックプロテインとは?

f:id:keitaf31:20161008224955j:image


 「ヒートショックプロテイン
という言葉をご存知でしょうか。

 

これは、文字通り「熱によるストレスで得られるプロテイン」のことです。


温泉などで入浴し身体を温めた際に、その熱のストレスにより一時的に体内でつくられるたんぱく質の量が増えるのです。

 

傷んだ細胞を修復する働きを持ち、「免疫細胞の働きを強化する」「乳酸の発生を遅らせる」などの効果があります。

 

その「ヒートショックプロテイン(HSP)」の効果のピークは、入浴の約2日後だと言われます。

 

スポーツ選手などは、試合の数日前に温浴トレーニングなどを行ってHSPを増やし、当日にパワーを発揮できるよう体調をコントロールしている人も多いのです。

 

ヒートショックプロテインを利用する際のポイント

f:id:keitaf31:20161009080957j:image


ヒートショックプロテインの効果を利用する際のポイントを簡単に挙げておきます。

 

・週に1〜2回程度でよい。

・40〜42度くらいの熱すぎない温度のお湯に浸かる。

・入浴前に水分補給する。

 

増加したHSPは1週間ほど体内に残り、その力を発揮します。HSPのパワーがピークを迎えるのは、入浴から2日後といわれているので、「パフォーマンスを発揮したい日」から逆算してこの入浴法を試してみるのもいいかもしれません。

 

入浴前の水分補給をしっかりしましょう。

 

また、身体に余計な負担がかかるため温度を上げ過ぎてもいけません。HSPは、体温を38度ほどまで上げ(平熱プラス1.5度ほどでOK) 保温することにより得られます。10分ほど湯船につかれば体温が上昇します。そこから、必要であれば少し休み、5〜10分程度入浴するといった形がおすすめです。

 

入浴に疲労回復効果があることは、周知の通りですが、この「ヒートショックプロテイン」効果も意識して利用してみてはいかがでしょうか。

 

おすすめの入浴剤2選


温泉でゆっくりと浸かりたいものですが、「近くに温泉がない・・」という方には、市販の入浴剤を利用したり、少し熱めのシャワーをしっかりと浴びるだけでも効果はあります。


アスリートにも愛用されるおすすめの入浴剤はこちらです。

 

1.温泉に限りなく近い「るんるんの湯」

 f:id:keitaf31:20170121094701j:image

 

るんるんの湯」は別府温泉で江戸時代から受け継がれる、天然の
「湯ノ花」の成分から作られており、科学的に合成された入浴剤とは違う「限りなく温泉に近い入浴剤」 と話題になっています。

 

お肌に優しい。
湯冷めしにくい。


などの効果があります。

 

※詳細&ご購入はこちら↓

温泉に限りなく近い入浴剤「るんるんの湯」  

 

2.全17の入浴効果「黄金湧泉」

 f:id:keitaf31:20170121094748j:image

 

温泉の素になっているのは、北海道の二股ラジウム温泉で、リウマチや神経痛、
痔で悩む方が多く訪れる有名温泉です。その温泉からできた入浴剤なので、
自宅にいながら北海道の名湯温泉気分を味わえます。


こちらも保温効果抜群で、リウマチ、
神経痛、痔、冷え性、疲労回復、肩こり、腰痛、しっしん、あせも、荒れ性、
しもやけ、うちみ、くじき、ひび、あかぎれ、にきび、産前産後の冷え性など
効果効能が認められています。

疲労回復に抜群の全17の効果を発揮します。

 

※詳細&ご購入はこちら↓

有名温泉の湯の華を粉末化した本格派入浴剤!