アスリートの栄養学

すべての向上心ある人のために

「本気」と「やる気」や「必死」の違い。


スポンサーリンク
f:id:keitaf31:20151017071440j:image
 
本気でやってますか?
 
「本気」のとき、人は間違いなく集中しています。
 「やる気」や「モチベーション」という言葉を使うとき、それは一見「集中」に見えますが、苦痛を伴っていたり、長く続けることが難しいのです。
 

 本気とやる気はどう違うのか?

 
 やる気や、必死には、
 
常に条件や理由が存在する。
 
 
「〜だから頑張る。」
「〜になるからやる気を出す。」
「〜のために必死でやる。」
 
 
こういった動機を【外発的動機】という。
 
 
こういった外発的動機によって作られるエネルギーは、理由や条件に頼っているため、ブレてしまう。苦痛を伴う。
 
 一方、「本気」とは、
 
理由や条件なしに恒常的に安定したエネルギーのことである。
 
 
こちらは【内発的動機】という、理由や条件なしに「やりたいから、やっている」状態。
 
 
「内発的動機」で生きているとき、人は集中していると言えます。
 アスリートが目指すべき「ゾーン」や「フロー」といった状態がこれにあたります。
 
人は、本気のときにより高い集中力を発揮し、実力を最大限に出すことができるのです。